政治は変えられる たなべ野党統一候補

参院香川選挙区で日本共産党公認の、たなべ健一野党統一候補は6日、観音寺市、三豊市、坂出市の街頭や屋内演説会で必死の訴えをしました。街頭では通りがかりの車内や通行人から次つぎと手が振られるなど、たなべ候補への期待が高まっています。

 

たなべ候補は、「私たちの声によって動く政治をつくりましょう。あなたの1票で政治は変えられます」と呼びかけ、「みなさんの声を託してください。その声を国会に届けるために、全力でたたかいぬきます。最後まで応援よろしくお願いします」と訴えました。強い日差しが照りつけるなか、立ち止まって演説を聞いていた女性が「頑張れ!」と声援を送る場面もありました。

 

演説場所にかけつけ、たなべ候補に握手を求めた松田かおりさん(44)は、「たなべさんは親しみやすく、爽やかで素敵な候補者。絶対に当選して『戦争法廃止、憲法9条を守る』という声を国会に届けてほしい」と期待をこめて語りました。

 

「以前は支持する政党がなかった」という女性(70)は、「まともなことを言っているのは、もう日本共産党しかない」ときっぱり。「友達4人と一緒に期日前投票で、たなべさんに入れてきました。周りにもっと支持を広げます」と話しました。

 

(「しんぶん赤旗」2016年7月7日付けより)