一人でも多く「たなべさん」 香商連が決起集会

日本共産党公認の、たなべ健一参院香川選挙区野党統一候補を押し上げようと、香川県商工団体連合会は21日、全国商工団体連合会(全商連)の太田義郎会長を迎えて参院選必勝決起集会を、たなべ健一事務所で開き80人が参加しました。

太田会長は、「全商連は野党共闘の32の1人区で、その候補者と一体にたたかう。平和でこそ商売繁盛です。一人でも多く『たなべさん』と広げてほしい」と力を込めました。

 

たなべ候補は「対話した美容室で『毎月来ていたお客さんが数ヵ月ごとになった』という話を聞きました。安心して働ける、安定雇用の拡大が必要です。安倍政治を許さないという国民の怒りを届けるため全力でがんばる」と力を込めました。

 

参加者は「宣伝カーを毎日出して頑張ってきた」(高松民商)、「まともな税金の使い方を訴えられるのがたなべさんであり共産党だ」(三豊民商)と決意を表明しました。

 

伊藤邦行香商連会長が、「安心して営業できる世の中にするため、一人ひとりに声をかけ自民党政治を追い詰めよう」と力を込め、団結ガンバローで勝利を固めあいました。

 

(「しんぶん赤旗」2016年6月23日付けより)