共同街頭演説会 三越前

全国32の参院選1人区で唯一日本共産党公認のたなべ健一香川選挙区候補を何としても勝利させようと、16日三越前で日本共産党の志位和夫県委員長、民進党の安住淳国対委員長、生活の党の小沢一郎代表、社民党の吉川元政審会長が共同街頭演説会を高松市の三越前で行いました。

 同演説会には民進党香川県連の小川淳也代表、社民党県連合の高田良徳代表、新社会党県本部の井角操委員長、みどり・香川の渡辺智子代表と市民連合の近藤浩二代表が勢ぞろいしました。

 志位氏は「たなべさんを野党統一候補にしていただいたからには他の野党、市民連合と力を合わせてがんばりぬきたい。全国32の1人区すべてで野党共闘の勝利を勝ち得るために責任を果たす」と力を込めました。

 小沢氏は「4野党+市民の体制ができたのは志位委員長のおかげだ。保守と言われる私から見ても安倍政権は許されない」と話しました。

 田辺氏は「市民と野党の結束で国会へ送って下さい」と訴えました。