宮本岳志衆院議員を迎えて日本共産党演説会を開催

 日本共産党香川県委員会は11月28日、宮本岳志衆院議員を迎えて演説会を開きました。会場からは「その通り」との声援や拍手が何度も起こりました。

 「安全保障関連法制に反対する香川大学有志の会」事務局代表の寺尾徹教授は、戦争法廃止の国民連合政府の提案を「大阪城にたとえると内堀が埋まった」と述べ、「大切なことはわれわれが外堀を埋めることです。頑張ろう」と呼びかけました。


 宮本氏は先の国会で野党が戦争法反対で結束したことや今回の提案も国民世論に押し上げられたものだと強調。「提案が実るかどうかは国民世論と運動にかかっています」と述べ、参院選での党の躍進を訴えました。


 春名なおあき参院比例候補は侵略戦争に駆り出された父の経験を語り、「憲法9条を踏みにじる安部独裁政治を打倒し、憲法を取り戻そう」と力説。田辺健一選挙区候補は戦争法に賛成した候補との一騎打ちの現在の選挙区情勢にふれ、「戦争法廃止の県民の審判を突き付け、私を国会に送ってください」と訴えました。