「戦争法案は廃案に」 県内女性有志の議員、元議員がアピール

 香川県内の日本共産党や社民党などの超党派の女性議員、元議員が15日、戦争法案の廃案を求めるアピールを発表し、高松市の琴電瓦町駅前で宣伝しました。  

 呼びかけた一人、白川洋子県議はじめ、岡田真奈美、藤沢やよい両市議ら11人が参加。「戦争法案強行反対」「子や孫を絶対戦場に送らない」と声を合せました。駆け付けた市民が「アベ政治を許さない」のプラカードを掲げました。


 またアピールには26人が賛同しています。