いっせい地方選火ぶたきる

 いっせい地方選挙の前半戦をたたかう県議選が告示されました。

 日本共産党は高松市区で、かし昭二、白川よう子両候補=現 の絶対確保を。丸亀市区で、とき一郎候補=新 の挑戦で、3議席を目指します。


 日本共産党は「ムダ遣いをただす」「命と暮らしを守る」の重点政策を発表してたたかっています。
 

  1. 辺野古への新基地建設強行、戦争立法、原発再稼働、労働法制改悪を強行する安倍政権にはっきり「ノー」の立場で、憲法を守り、9条を生かした平和外交へ。TPPに反対し、米価の保証を。県、市として農業振興、対策を進める。
  2. 税金の無駄をチェックし、福祉、暮らし、地域経済振興を大切にする県政への転換。在来線縮小につながる四国新幹線中止を。
  3. 1兆6000億円といわれる四国新幹線よりも、中学校卒業までの医療費無料を県の制度で。
  4. 国保料、介護保険料の負担軽減ーー市町への県の財政支援とともに、国に国庫負担を戻すよう求めます。住宅リフォーム助成制度で地域振興を行います。
  5. 津波、地震対策。防災対策を強化します。 

  いっぽう、後半戦には、1議席から3議席への挑戦で、この4年間に福祉暮らしをずたずたにされた高松市や空白克服を目指すさぬき市をはじめ、東かがわ市、坂出市、善通寺市、土庄町、三木町が挑戦します。