総選挙の結果について

 日本共産党香川県委員会 委員長 松原 昭夫


 ご支援いただいた皆様に、心から感謝申し上げます。日本共産党は全国で議席を21議席に伸ばし、議案提出権も確保し、国民のみなさんと結んで大きな仕事をする力を強くすることができました。 

 今回の総選挙は、安倍政権の暴走にどこがストップをかけることができるか、国民のいのちとくらしを守り、平和な日本をどの党がつくることができるかが問われました。


 日本共産党は、安倍暴走政治にスジを通してストップをかける。「この道に先はない」と格差拡大のアベノミクス中止、消費税10%中止、海外で戦争できる国許すな、原発再稼働反対などを呼びかけてたたかいました。同時に、どの問題でも国民の立場で対案を示し、日本共産党が伸びれば、政治がよくなる、変わるという事を、ブラック企業規制の動きなどを例に示してたたかいました。


 どこでも、日本共産党への強い期待の表明がありました。支部や党員、後援会員のみなさんの大奮闘が、有権者のみなさんと呼応する流れがつくられてきました。この声に応えて奮闘したいと思います。


 日本共産党の21議席を、国民の皆さんが得た宝の議席と実感していただけるように、国内の多くの運動をすすめるみなさんと手を結んで、さらに国民共同の運動をすすめ、力を合わせて、新しい政治の実現にむけ、さらに日本共産党の躍進にむけ奮闘する決意です。