市田書記局長来県 必ず勝利を

 選挙終盤に党幹部の遊説が四国を駆け巡りました。志位和夫委員長は愛媛を、市田忠義副委員長は徳島市と高松で700人を前に「四国ブロックでの勝利」を訴えました。

 高松三越前では「こんなに響きあいの訴えができてよかった」と、拍手や合いの手が入る活気がいい演説会となりました。


 浜川候補の「四国ブロックは大接戦。猛追の中で何としても勝利を」の訴えに参加者から声援が飛びました。


 市田副委員長は、暮らし、消費税、反戦平和の問題、政党助成金などに触れ、日本共産党の「5つの転換」を丁寧に語りました。そのうえで「戦争への危険な道を止めるには、反戦平和を貫いた日本共産党が躍進することが大事です」と強調しました。