綾川町政と日本共産党

 香川県綾川町議選挙(定数16)は4月8日告示13日投票で行われます。日本共産党は安藤利光氏(66)が�Y期目を目指します。

 この間、安藤町議は住民の声を議会に届け、子どもの医療費無料化は中学校卒業まで充実され、町営バスだけでなくデマンドタクシー(乗り合いタクシー)も走るようになりました。「不公平な町政許すな」と同和行政の撤廃を求め続け、町民の水道源である綾川の水質を守れと、一貫して産廃処分場の問題を取り上げ続けてきました。


 町は、国が終結した同和事業を引き続き行い、中学校統廃合を進めようとしています。安藤町議は2008年から4年間で同和団体助成金を250万円近く減額させました。


 日本共産党は今回、住民から不便だと声が上がるデマンドタクシーの利便性を充実させ、「財源は�[年度だけで一般会計に積み立てた7億円の活用」で、介護保険料の減免制度の創設、国保税1世帯1万円の引き下げ、子どもの医療費も県内どの病院にかかっても立て替え払いしなくてすむように頑張る決意です。