まんのう町政と日本共産党

 香川県まんのう町議選挙(定数16・2減)は、4月8日告示、�\日投票で行われます。日本共産党は白川美智子氏(77)=元=が空白になった議席回復を目指します。

 前回、議席の継承に失敗し党の議席が空白となりました。この4年間で国保、介護保険料が毎年値上げされ、敬老祝い金も年齢制限を設けようとしています。同和事業で発言する議員は一人もいなくなり、税金を使っての視察旅行も頻繁になりました。


 また、PFI方式(民間資金を活用して公共施設を整備する方式)で建てたばかりの中学校は、「雨漏りがする」「ボールが当たっただけで穴が開いた体育館」と問題になっています。しかし議会は特別委員会の設置で済まそうとしており白川候補は「百条委員会設置」を求めています。


 日本共産党の議席があった5期�c年の間に、乗り合いタクシーの実現や出産祝い金の充実、批判の強かった「健康生きがい中核施設」の中止を実現してきました。またPFI方式での公共施設の建設や運営には反対を貫いています。


 日本共産党は、国保税1世帯1万円の引き下げ、中学校卒業までの医療費窓口無料化、住宅リフォーム助成制度の実現と給食の自校方式を守ることを公約しています。