自民党「憲法早期改正」求める意見書強行

 香川県議会は20日、「憲法改正の早期実現を求める意見書」を自民党、無所属議員の賛成多数で可決しました。抗議する多くの県民が傍聴席を埋めました。

 

 意見書は「新たな時代にふさわしい憲法に改めるため憲法改正案を早期に作成し、国民投票が実現されるよう」要望しています。


 日本共産党の樫昭二県議団長は反対討論で、安倍政権が「国防軍」創設を公言していることを指摘、「それを後押しするかのように決議を強行するやり方は絶対に認められない。憲法9条改定、戦争する国づくりに未来はない」と強調しました。


 可決後、香川憲法会議と9条の会かがわが抗議文を議長に提出。新日本婦人の会県本部も自民党議員会に抗議するとともに、県庁前で「憲法9条を守る」と緊急宣伝行動をしました。


 また、夕方の瓦町駅雨では日本共産党や社民党、民主団体で構成する団体が抗議の宣伝。日本共産党の県議や憲法会議が次々抗議の訴えをしました。