たなべ候補、労働局と懇談

日本共産党の仁比そうへい参院比例候補と、たなべ健一参院香川選挙区候補は6月4日、県内の雇用情勢や日本共産党の提言について香川労働局と懇談しました。

泉端職業安定課長らが応対。仁比候補が「時給などで香川県の状況はどうですか」と聞いたのに対して「造船業が厳しい。下請けにも多くの影響がある。全体に正社員の求人倍率は伸びていない」と話しました。
 仁比候補は、「内需をほったらかしにして、輸出頼みの政策が、今の事態を引き起こしている」と、政治の役割を強調。たなべ候補は、香川でのブラック企業の調査を聞きました。「調査の意識はしている」という労働局側に、たなべ候補は、「ブラック企業根絶する」と政治の役割を強調しました。