3/13 重税反対集会に参加

香川県の中央、高松地区集会では400人が参加。「納税者の権利守れ」と税務署までデモ行進しました。

 県商工団体連合会の伊藤邦行会長は「国内消費を冷え込ませる政治が強行されるなら、商売はますますやれなくなる。民商の仲間と手を組むことが求められている」と訴えました。
 日本共産党の松原昭夫県委員長、樫昭二、白川容子両県議が駆け付け、松原委員長は「TPP反対、消費税増税を認めない政治をつくる」と決意を述べました。
 仁比そうへい参院比例候補はメッセージを寄せました。