TPP反対でJAと共同広がる

香川県委員会は、TPP(環太平洋連携協定)について、JA香川県中央会や高松市の各支店を回り交渉参加に反対していこうと話し合いました。

中央会には松原昭夫県委員長、樫昭二県議が訪ね、宮武利弘会長らが応対しました。
 松原委員長はTPP反対を堂々と描く「しんぶん赤旗」を手渡し、緊急ビラで「一緒にTPP反対で頑張りましょう。ここが正念場だと思います」と伝えました。
 宮武会長は、「日米会談で聖域が認められたわけではない。交渉参加阻止に向け日本の食と暮らしを守るため運動したい」という自らの談話を示し、「農業以外でも影響がある。このままでは不平等条約になる」と話しました。
 松原委員長は「TPP参加反対へ、運動を一緒にがんばりましょう」と伝えました。
 たなべ健一参院香川選挙区候補は、JAの各支店を回りしんぶん赤旗を手渡し「ともに反対していきましょう」と申し入れました。
 ある支店では「組織として絶対TPPに反対する。TPP参加で香川のような小さいところは農業が壊滅する」という旨の発言があり、共同の広がりを感じました。