笹岡候補西讃地方で決起集会

日本共産党の笹岡優衆院四国ブロック比例候補と藤田ひとし衆院香川3区候補は27日、香川県観音寺市での集いと三豊市での決起集会に参加し「アメリカ言いなり、財界言いなりをただせる日本共産党を伸ばしてください」と訴えました。

笹岡候補は、原発問題、TPP問題などで党の改革ビジョンを説明し、藤田候補は、ハローワーク前での対話を紹介、「消費税に頼らない財政再建のためにも雇用の確保は大事だ。この声を届けたい」と強調しました。
 三豊会場の参加者からは、「自民、民主は公約を守れなかった。共産党は本当に公約を守ってほしい」「若い人にも今日の話をして、一票でも多く入れてもらいたい」「一貫して『原発ゼロ』を言ってきたのは日本共産党だけ。それを広げたい」などの思いが語られました。