教科書採択に圧力、県議会決議に共産党反対

香川県議会は12日、自民党が提案した「教育基本法学習指導要領の目標を達成するため、最も適した高等学校の教科書の採択を求める決議」を可決しました。日本共産党は反対し、反対討論に立ちました。

提案理由で自民党は「伝統と文化を尊重し郷土を愛する心を学ぶ適正でないものでないといけない」とし、歴史的に事実の従軍慰安婦、強制連行問題を敵視、侵略戦争美化教科書の押し付けを狙っています。
 日本共産党は「教科書採択は各学校現場の意見を尊重することが大切。今回の決議は、県教委や各高校に特定の教科書の押し付けを狙ったもので、議会が決議をあげて、特定教科書採択を誘導することは教育基本法が禁じる不当な支配にあたる」と反対しました。
 議会傍聴には教育関係者や県民が大勢押し寄せました。