小池政策委員t6用招いて演説会

日本共産党香川県委員会は22日、高松市で小池晃政策委員長を迎えての演説会を開きました。香川県農協中央会の宮武利弘会長から、日本共産党に期待するメッセージが寄せられました。

小池政策委員長とともに、笹岡優衆院四国比例候補、河村整1区候補、藤田均3区候補が訴えました。
 小池氏は、消費税を引き上げず社会保障の充実と国民の所得増によって、経済・財政再生への展望を明らかにした党の提言をわかりやすく解説。香川県の小豆島で計画されている公立病院の統合問題にふれ「破壊された社会保障の再生こそ必要だ」とのべました。財源には、無駄遣いの削減とともに欧米富裕層の発言を紹介しながら、「増税するならまず富裕層から」と強調。「低所得者ほど重い負担の消費税増税に頼らない道を示す日本共産党の議席を四国から」と訴えると大きな拍手にわきました。
 笹岡候補は、「県の建設業協会、商店街理事長らと懇談を重ねている。県建設業協会はTPP反対を明確にした。共同を広げれば一致点はある」と話しました。
 高松市の男性は「初めて話を聞きました。応援したくなりました。TPPについては賛成と思っていたが、問題があることが分かって、もっと勉強したいと思った」と話しました。