TPP反対明確。県建設業協会

日本共産党の笹岡優衆院四国比例候補は4日、高松市の香川県建設業協会と懇談し、森田紘一会長はTPPに明確に反対の意思を示しました。

松原昭夫県委員長、河村整1区候補が出向きました。
 笹岡候補は、日本共産党の提言について説明し、「環太平洋連携協定」について「建設業はじめ多くの分野に影響が及ぶ」と話しました。森田会長は「大手ばかりが潤って、地域が疲弊し、地域格差が開くばかりだ。TPPで地元が崩される」と話しました。
 また「公共事業が地域密着型というのは共産党と同じです」と答え、共感が広がりました。