さぬき市で久しぶりに党を語るつどい

日本共産党さぬき市委員会は23日、さぬき市長尾でつどいを開き津田や大川など各地域から�Y人が参加しました。笹岡優衆院四国ブロック比例候補が駆けつけました。

笹岡候補は日本共産党の「提言」で建設業協会や商店街理事長と懇談を重ね共感が広がっていることを話し、TPP問題や消費税増税反対、原発問題について党の立場を説明。「どれも日本の運命を決する分岐点になる」と強調しました。
 参加者からは「市民にこの提言を広げられたらと思う」という感想や、「安売り競争をやろうとすればするほどおかしくなる。大企業だけ生き残ろうとするのはいけない」という声が出ました。
 笹岡氏は「TPPは農地を壊し、競争を激化させる。地域の公共事業にも外国企業が参入する。これを許してはいけない。今度の選挙はいろんな取り組みをして必ず議席を回復したい」と決意を伝えました。