四国四県 四国電力へ申し入れ

日本共産党四国ブロック事務所と四国4県の日本共産党は8日、高松市の四国電力本社に伊方原発(愛媛県伊方町、全炉停止中)の再稼働断念と廃炉決断、自然エネルギー転換を求めて申し入れを行いました。

申し入れには、笹岡優衆院四国ブロック比例候補と香川、愛媛両県委員長、香川、愛媛、徳島の県議が参加し、四国電力の多田羅昌嗣広報部エネルギー広報グループリーダーらが応対しました。
 申し入れは①伊方原発再稼働断念と廃炉への手立てを進めること②自然エネルギーへの転換と普及に受送電システムなど体系的な改善で積極的な役割を果たすこと②電気料金の透明性と公平性を担保することなどです。
 多田羅グループリーダーは「伊方原発の再開には地元の理解が必要。安全を最優先にする」とあくまで再稼働する考えを示しました。
 笹岡候補は、「ひとたび事故が起これば人類には止められない。なぜ再稼働のリスクを取るのか」と自然エネルギー転換への本格的な取り組みを求めました。林紀子愛媛県委員長は「日本共産党は一貫して県民を守る立場から反対を貫いた。再稼働ありきの回答だ」と批判しました。
 笹岡候補は「地域に根差した企業として社会的責任を果たすべきだ。思い切った英断を求める」と強く要望しました。