高松市議・岡田まなみに対する市議会側が会派を認めない姿勢にたいして

 日本共産党東部地区委員会と岡田まなみ高松市議は、いっせい地方選挙で当選した岡田市議が一人というだけで日本共産党を会派として認めず無所属扱いされている問題で議長あてに是正を求める申し入れを行いました。

 

 現在、日本共産党の市議は岡田まなみ氏ひとりですが、議会の出退表示板や控室、議会文書のすべてが日本共産党と表示されず他の無所属議員とともに「無所属」扱いされています。


 中谷浩一地区委員長、岡田市議が申し入れ、川原譲二議会事務局長が応対しました。中谷地区委員長は、国会では「立法事務費の交付に関する法律」で所属議員が一人でも会派として扱っていることを指摘、「日本共産党として有権者の信任を受け、議会内でも日本共産党の立場を明確にしているにもかかわらず無所属扱いすることは日本共産党を否定し有権者を惑わすものだ。すでに誤解が生じている、すぐに是正すべきだ」と強く抗議しました。