雨宮処凛さん「生きずらさ」でトーク

香川革新懇は23日、高松市で講演と音楽のつどいを開き280人が参加しました。

作家の雨宮処凛さんが、原発事故や一向に改善されない貧困格差問題について思いを話しました。日本共産党の仁比聡平前参院議員が国政報告しました。
 雨宮さんは青年革新懇の田辺健一さんをインタビュアーに、自らもデモに参加する原発反対の思いや「自分を否定する」など生きづらさの問題をスライドも使って説明。「派遣労働で最低賃金法違反や制服の強制購入の体験者が組合をつくり派遣会社自体を変えた」をあげ、「労働者の権利、生活保護の権利もきちんと教えるべきだ」と強調しました。
 仁比前議員は「政府は原発をなくす政治決断を迫ろう」と呼びかけました。