メーデーに500人共産党からも

香川県のメーデーは500人が参加。青年労働者全員が宣言を読み上げるとともにデモ行進しました。JA香川中央会の港義弘参事、日本共産党の松原昭夫県委員長が来賓あいさつしました。

堤昭県労連議長は東日本大震災復興支援と働くルール確立を目指した団結を呼びかけました。港参事はJAの取り組みにもふれ「農業と地域社会を崩壊させるTPP交渉反対にみんなで力を合わせ運動している」と述べました。
 幼保一元化反対の寸劇や社保庁を分限免職された綾信貴さんの訴えがありました。
 日本共産党から岡田まなみ市議はじめ、多くの勤務員らが参加しました。