いっせい地方選をたたかう高松市議団の決意

香川県の日本共産党高松市議団は22日、いっせい地方選挙で、東日本大震災を受けて選挙カーを自粛しようという動きについて貴社会見をして、「党と候補者の公約を堂々と訴え、有権者の審判を仰ぐべき」とする立場と、選挙カーの運行に際してガソリン代などの経費を受け取らないことを明らかにしました。

市議団は「東日本大震災、救援復興への全国民的取り組みを訴えるとともに、党の公約を堂々と訴えたい」としています。
 そのうえで「議員報酬の自主減額、海外視察の廃止などで、その分を震災被災者の支援に活用すべき」との考えを明らかにしました・。