リフォーム助成で意見交わす。建設労働組合と

7日、日本共産党のかし昭二、白川よう子両県議は建設労働組合と懇談し、リフォーム助成などについて話を交わしました。

中西委員長は「住宅例フォーム助成で各首長を回っている。耐震診断とセットで助成が実現できれば」といった思いが話されました。
 白川県議は、りふぉーむ助成で20倍の経済効果のあった秋田県の例を話し、住民に喜ばれ、地域や地元業者に喜ばれ、税収も上がる。こんな経済効果はないと伝え力を合わせてともに実現しましょうとなりました。
 中西委員長は地域への経済効果の仕組み作りが大切と強調。税収面でもリフォーム助成の実現は効果があると話しました。