革新懇が安倍退陣求め行進

香川県の香川革新懇は6日、高松市の商店街で安倍政権退陣を求めて集会を開き、人が参加しました。日本共産党の秋山時貞県議、社民党の高田良徳県議・県連代表、新社会党の井角操県委員長がリレートークし、消費税増税の中止を求めました。

 秋山氏は党が提案する「消費税に頼らない別の道」を紹介し、月からの消費税増税の中止を訴え。高田、井角両氏は「安倍改憲を何としても阻止していこう」と呼びかけました。

 自転車を止めて聞いた男性は「今の年金では暮らしていけません。すべての人が安心して暮らしていける社会保障制度にしてほしい」と話しました。集会後デモ行進しました。

 

 坂出市から参加した女性は「沖縄の基地問題にしても、消費税増税も安倍さんの強引さに腹が立ちます。退陣させるしかない」と話しました。

立憲民主党と懇談

日本共産党香川県委員会は8月30日、高松

市の立憲民主党県連を訪ね野党連合政権

に向けた話し合いの開始を呼びかける文

書を手渡し懇談しました。県内の野党各

党にも申し入れました。

 共産党の松原昭夫県委員長、白川よう

子衆院四国ブロック比例候補、2016

年の参院選香川選挙区で野党統一候補を

務めた田辺健一東部地区委員長が訪ねま

した。小川淳也衆院議員・県連顧問、富

野和憲県連代表が応対しました。

 松原氏は党創立周年記念講演会「共

闘の4年間と野党連合政権への道」のパ

ンフレットも届け、「中央段階で連合政

権の話し合いが呼びかけられているが、

地方でも共闘の話し合いを進めていきた

い」と呼びかけました。

 白川氏は「次の総選挙は政権構想が大

きな争点となる。安倍政権に代わる政治

を国民に示す第一歩を進めていきましょ

う」と話しました。

 

 富野氏は「安倍政権を倒すためにも大

同団結が大切です」と応えました。

 小川氏は「この間、共産党との信頼関

係は誰にも負けないと自負している」と

表明。また「速やかな連合政権の議論を

スタートしないといけない」と同党の両院議員総会で発言したことを紹介

しました。

夜間中学考える集い開く

夜間中学を考えるつどい(同実行委員会主催)が8月30日、高松市であり、50人が参加しました。

 岡山市で自主夜間中学校を運営する城之内庸仁代表が講演。夜間中学校を取り上げたドキュメンタリー映画「こんばんはⅡ」が上映されました。

 日本共産党の白川よう子衆院四国ブロック比例候補はじめ、6月議会で夜間中学の設置を求めた秋山時貞県議らが参加しました。

秋山県議は、実際に自主夜間中学を2回視察。今回の開催にも尽力しました。

 現在香川県には夜間中学はありません。城之内氏は全国の夜間中学の状況(全国33校)について「大都市だからニーズはあるというが地方でもある。一人でも学びたいと言う人がいたら設置すべきだ」と強調しました。

 自主夜間中学は月2回、マンツーマン方式で授業。無料で受けられ、スタッフはボランティアです。一方、公立校にはある給食費の補助や教科書の無償配布はありません。約180名が「学びたいことを学ぶ」と、学科はもちろん、美術や詩の書き方まで様々です。不登校や日本で生活する外国人、学び直しを希望する人など小学生から高齢者まで年齢も様々です。

 

 城之内氏は、「学びたい」と通ってくる自主夜間中学生の様子や、夜間中学に関してのニーズ調査をアンケートで問い、公民館やコンビニ、商店などに置いて取り組んだことを語り、「自治体は憲法にそっても、今日この会場にいる様々な立場の人が、私たちの声を届けてほしい。気付いた人から声をあげてほしい。ぜひ一緒に夜間中学をつくっていこう」と力を込めました。

日本共産党演説会

日本共産党演説会

 6月29日(土)

 所、県民ホールアクトホール

 時間 14時から

 弁士 小池晃書記局長

    参院比例候補 仁比そうへい

10/21(土)最終日 白川よう子比例候補 高松市内を駆け巡ります
10/21(土)最終日 白川よう子比例候補 高松市内を駆け巡ります
いよいよ明日は総選挙の日です。
10/21(土)選挙前最終日、
日本共産党 四国ブロック比例代表候補 白川よう子が元気に高松市内を駆け巡ります!!
市民と野党の共闘に、最後まで全力を尽くします!
是非!お集まりください!!

午前中のスケジュール
8:00    県委員会出発
8:25    林JA朝市
8:50    三谷交差点
9:20    東山崎交差点
9:55    三木マルナカ角
10:40  志度マルナカ前